Home 政治ホワイトハウス CBSの新しい世論調査、アメリカ人はインフレの原因をバイデンに求め、民主党に破滅の兆し

CBSの新しい世論調査、アメリカ人はインフレの原因をバイデンに求め、民主党に破滅の兆し

by Jack World News

全米のアメリカ人が、高騰するインフレが彼らの生活水準を下げていると答えていることが、CBSの新しい世論調査で明らかになった。

この世論調査はまた、ほとんどの有権者が生活費の高騰はジョー・バイデン大統領のせいだと考えていることから、民主党に破滅を告げるものでもある。

この数年の経済問題は、全体として、過去何世代にもわたって直面してきた他の問題よりも厳しいものであった。

COVIDのロックダウン時に次いで、市民はパンデミック後の今が、経験した中で最も困難な経済状況だと言う。

しかし、インフレの影響は、アメリカ人の懐を当面圧迫するだけではないかもしれない。

より大きな意味で、この問題はアメリカにおける機会を阻害しているのだ。

CBSの番組『フェイス・ザ・ネイション』に出演した世論調査員のアンソニー・サルヴァント氏は、CBSニュースの世論調査の結果をこう打ち明けた。

バイデンホワイトハウスの雇用統計が好調で、企業メディアのエコノミストたちが「ソフトランディング(軟着陸)」と語っているにもかかわらず、人々はマクロ経済指標よりも自分自身の経験に注目しているという。

圧倒的多数のアメリカ人が、所得が追いついていないと答えている。

今日では、自分の生活水準は両親のそれよりも良くなっているどころか、悪くなっていると答える人が増えている。

世論調査では、現在働き盛りのミレニアル世代とジェネレーション・X世代を多く含む年齢層が、バイデンフレーションのせいで生活水準が落ちていると考える傾向が特に強いことがわかった。

しかし、この感情はアメリカン・ドリームという伝統的な概念に反している。

アメリカ人が近年のようなインフレに見舞われてから40年が経つ。

現在の問題を文脈に当てはめるよう求められると、アメリカ人はパンデミック以降の経済的困難はここ数世代で最悪だと答える。

バイデン経済のもとでの生活は、2008年から2009年にかけての暴落や大不況、90年代や80年代の他の不況期、そして1970年代のインフレやガス欠よりも悪化していると主張する。

世論調査によると、人々は「消費者需要の増加」という形でインフレを自分たちのせいにはしていない。

その主な原因は、国際的な要因、企業の過剰請求に対する疑念、政府の支出など、より遠くにある。

景気が悪いと感じる理由のトップは依然としてインフレである。

全体として、景気に対する見方は依然として幅広く否定的で、今年の秋よりも今年の春の水準に再び近づいている。

バイデンはインフレへの対応で依然として全く支持されていない。

一方、アメリカ人はバイデン政権の行動によって景気が減速するどころか、成長したと考える傾向がまだ強い。

バイデン政権はしばしば経済に関する立法実績をアピールする。

しかし、ビルド・バック・ベター法やインフレ抑制法などに対するアメリカ人の評価はまちまちだ。

民主党の有権者を含む多くの人々は、少なくとも名前については十分に聞いていないと言う。

全体として、バイデン政権下で生活水準が受け入れがたいレベルまで低下したというのが、アメリカ人の総意である。

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00