Home 社会事件・事故・犯罪 ホワイトハウス「バイデン氏の贈収賄疑惑は陰謀論である」

ホワイトハウス「バイデン氏の贈収賄疑惑は陰謀論である」

by Jack World News

ホワイトハウスは、ジョー・バイデン民主党大統領とその家族に対する贈収賄、影響力取引、汚職の疑惑は “陰謀論 “に過ぎないと主張している。

月曜日、ホワイトハウスのアンドリュー・ベイツ副報道官は、バイデン一家の汚職に関する “陰謀説 “についての質問に答えることを拒否した。

ベイツ副報道官は、エアフォース・ワンの機内で記者団と話しながら、バイデン一家の数々のスキャンダルについて質問攻めにあった。

バイデン大統領に対する正式な弾劾調査を開始するための下院の投票が今週行われる可能性が高いことを前に、疑問の声は当然高まっている。

報道陣はまた、水曜日にバイデン大統領の息子であるハンター・バイデン氏が下院監視委員会と司法委員会の前で宣誓証言する可能性があることにも疑問を抱いている。

「私は、バイデン大統領がアメリカの家族にとって最も重要な問題にレーザーフォーカスしているということ以外、そのプロセスについて意見を述べるつもりはない。」

「今日、彼はフィラデルフィアの消防士のために演説の準備をしている。」

「申し上げたように、我々は海外から雇用を取り戻すために、先進製造業で歴史的な発表をしている。」

「彼は、マージョリー・テイラー・グリーンの陰謀論ではなく、アメリカの家族にとって重要なことに集中している。」

グリーン議員(共和党)はバイデン弾劾の支持者であり、民主党からしばしば政治攻撃の標的にされる共和党のメンバーである。

下院共和党は、公式に調査を開始するかどうかの正式投票を今週中に行いたいと考えている。

しかし、民主党や党内の一部議員からの反対に直面している。

共和党は、2020年にバイデンが勝利した選挙区を代表する議員がこの動きを支持し始めたため、調査への反対は縮小している。

その中にはドン・ベーコン議員(ノースカロライナ州選出)も含まれており、バイデンが協力する可能性が高まったため、調査反対から支持に転じたとポリティコ誌に語っている。

「大統領は、調査を受けるまでは情報を提供しないと言っている。」

下院監視委員会のジェームズ・コマー委員長(共和党)は、バイデン氏に対する広範な調査の先頭に立っている。

この調査は、ハンター、彼のさまざまな外国とのビジネス取引、そしてそこから得た金に焦点を当てている。

委員会はその調査の一環として、9月に弾劾調査公聴会を開催した。

ホワイトハウスは、バイデンは何も悪いことはしておらず、息子のビジネス取引について何も知らなかったと繰り返し述べている。

さらに、監視委員会と司法委員会は先週、水曜日のハンター氏の非公開宣誓証言の公式通知を出した。

大統領の息子は今のところ、密室での証言召喚に応じることを拒否している。

ハンター氏の弁護士は先週、コマー氏と下院司法委員会委員長のジム・ジョーダン氏(共和党)に、大統領の息子は公開の場でのみ証言に応じると通告した。

その後、コマー議員とジョーダン委員長は、ハンター氏が宣誓証言に出頭しない場合、議会侮辱罪を科すと脅した。

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00