Home 生活コロナワクチン COVIDは消えないハイテククーデターだった?! ロックダウン2.0、偉大なるリセットが間もなく登場

COVIDは消えないハイテククーデターだった?! ロックダウン2.0、偉大なるリセットが間もなく登場

by Jack World News

武漢コロナウイルス(COVID-19)の「パンデミック」が宣言された2020年3月は、文明の方向性に大きな変化をもたらした。それ以前の9.11のように、世界はそれ以来同じではありません – そして、はるかに多くのことがあります。
2020年初頭にCOVIDが発表された後の数年間、世界が苦しんだ閉鎖、企業や学校の閉鎖、マスクやワクチンの義務化、社会的距離を置くことによる他者への恐怖は、グローバリストたちが世界に計画したもっと悪い未来のほんの一端に過ぎない。

「2020年3月に起きたことは、権利と自由に対するハイテク・クーデターだった」とブラウンストーン研究所は警告する。「それは消えていない。だからこそ、パンデミックへの対応に謝罪がないのだ。あまりにも多くの人々が金持ちになり、グレート・リセットの手始めとして彼らが望んだもののほとんどを手に入れたのだ。」

奇妙な病気、異常な気象パターン、国民をパニックに陥れる予期せぬ理由など、”政府総動員 “の対応がまた増えるだろう。主要メディアは、前回のように一直線に並ぶだろう。大手ソーシャルメディアや大手企業の声も同様で、すべて深層国家の官僚機構に支えられている。

次のCOVIDスタイルの封鎖は、最初の封鎖よりずっとひどいものになるだろう

COVIDの結果、政府の横暴は、少なくとも一部の人々には容認されるようになった。COVIDは、グローバリストが主導する世界共産化の努力を、良い意味ではなく、「安全」を守るために世界を基本的に封鎖することが合理的であると思わせることによって、定着させたのだ。

「ウイルス」が浮遊し、人々を自由自在に感染させるというプロパガンダをノンストップで国民に浴びせること以外に、これといった言い訳はほとんどなかっただろう。恐怖を抱く人々にとって、これは政府やメディアが必要だと言う限り、人間の生活に一時停止ボタンを押すことを正当化するには十分すぎるものだった。

COVIDの間に起こったことは、少なくともアメリカ建国の父たちがアメリカ人のために設計し、意図したことと完全に矛盾している。憲法全体を根底から覆すために必要だったのは、今や多くの人が、アメリカの税金を使って共産主義中国の研究所で作られたと信じている「感染症」によって病気になるという脅威だけだった。

「パンデミック」が始まって以来、事態はいくらか冷え込んでいるが、騙されてはいけない。今度は「病人」や「感染者」を収容するための集中「隔離」キャンプを除いては、ロックダウン2.0を期待したい。大衆を欺くには、別のきっかけが必要だ。

平和を不安定にし、恐怖をあおるために権力者たちが計画した危機がさらに起こるだろう。

ブラウンストーン研究所はさらにこう説明する。「間違いなく、代議制政府は、それが呼ばれるようになったように、今まさに、臣民が何を信じ、何を言おうが何も気にしないバイオセキュリティ国家に取って代わられようとしている。これは大変革であり、私たちがこのような時代に生きることになるとは思ってもみなかったので、とても衝撃的だった。」

「人権や自由に関する基本的な真実が、古臭いものとして否定され、もはや意味のある関心事とはみなされなくなるとは想像もしていなかった。私たちの仕事は、ほぼ地球全体が、1パーセントの支配者階級の富以外には誰も答えないテクノクラート的な寡頭政治に乗っ取られるのを、ただ黙って見過ごすことだ。」

引用元:Natural News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00