Home 生活感染症・伝染病 CDC、致死性の新型サル痘について健康警報を発表

CDC、致死性の新型サル痘について健康警報を発表

by Jack World News

次の公衆衛生の危機はいつもすぐそこにある。

米国疾病管理センターは、サル痘の致死的な新型株に関する警報を発令した。

この亜株をクレードIと呼び、10人に1人が死亡するという。この致死的な株はコンゴ民主共和国で流行しており、26州中22州で報告されている。米国ではまだ報告されていない。

CDCによれば、このウイルスはヒトからヒトへの感染に非常に適応的になっているという。CDCは木曜日に警告を発した。

以下はニューヨーク・ポスト紙からの詳細である。

サル痘ウイルスの致死的で急速に蔓延する株によって、疾病管理予防センターは厳戒態勢を敷いている。

世界保健機関(WHO)によれば、このウイルスの変種は、痘瘡(mpox)として知られる重病を引き起こし、感染者の最大10%が死亡するという。

「このウイルスの亜種はより強毒であることが知られている。もしこのウイルスがヒトからヒトへの感染に適応するのであれば、それはリスクとなります」とWHOのmpoxサーベイランスチームのロザムンド・ルイスはロイターに語った。

引用元:The Hill

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00