Home 経済アメリカ経済 トップ製薬会社の株価が暴落、44%急落!

トップ製薬会社の株価が暴落、44%急落!

by Jack World News

COVID-19の恐怖がまだ全米で猛威を振るっていた2022年、ファイザーは1000億ドルという記録的な収益の流れを報告した。

CNBCが明らかにした。”ファイザーのCOVIDワクチンと抗ウイルス治療薬の売上高を合計すると、パンデミックが680万人以上の死者を出し、世界市場を揺るがす世界的危機となる前の2019年の総売上高を上回る売上高を昨年生み出した。”

しかし、それは終わった。

ポスト・ミレニアル紙によると、同社の株価は2023年中に約44%急落し、「この秋にブースター注射を受ける資格のある人の80%以上が受けないことを選択したため」だという。

レポートでは、同社の株価は「COVID-19の大流行に対するヒステリーが衰え続ける中、製薬会社が収益予測について厳しい警告を発した後、過去10年以上で最悪のパフォーマンス」と表現されている。

同社の時価総額は今年だけで1500億ドルも暴落した。

同社はすでに、2024年には売上高が減少する可能性があると予測しており、「ウォール街は、ファイザーがどのようにして新たな売上成長源を生み出すことができるのか、重大な懸念を抱いている。」と報じている。

アルバート・ブルラ最高経営責任者(CEO)は、同社のコミルナティショットとパクスロビッドが数百億ドルの売上をもたらしたことから、COVIDの利益の恩恵を受けた。

しかし、ニュースは良いことばかりではなかった。

「アリゾナ大学メル・アンド・エニッド・ザッカーマン公衆衛生学部が10月に発表した新しい研究によると、昨年秋にCOVIDの予防接種を受ける資格があった人々の80%以上が、予防接種を受けなかったことが判明した。」

同社は現在、2024年の売上高を約600億ドルにしたいと考えている。

また、同社はすでにレイオフを発表している。

ロイターのレポートによると、ファイザーは来年、ウォール街の予想を50億ドルも下回る可能性があるという。

ガベリ・ファンズのポートフォリオ・マネジャー、ジェフ・ジョナスは、「彼らは正直言ってひどい状況にある」と警告している。

引用元:WND

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00