Home エンタメスポーツ 大谷翔平のドジャース・ジャージ、オンライン販売で記録更新

大谷翔平のドジャース・ジャージ、オンライン販売で記録更新

by Jack World News

大谷、ドジャースと7億ドル契約

大谷翔平の契約金は7億ドルだが、ロサンゼルス・ドジャースは比較的早い段階でこのコストを回収することができそうだ。

大谷は先週末に記録破りの契約に合意し、それまでの最も高額な契約金を3億ドル近く塗り替えた。この記録は、元チームメイトのマイク・トラウトの4億2600万ドルだった。

ドジャースとサンフランシスコ・ジャイアンツの両方がこの驚異的な金額を提示し、大谷は南カリフォルニアに残ることを選んだ。

ドジャースは月曜日に正式に移籍を発表し、大谷のジャージが店頭に並ぶことになった。

北米でプロリーグのスポーツウェアをオンライン販売しているFanaticsは水曜日、大谷選手のジャージが、販売開始からの48時間の比較で、過去最速の売上実績を記録したと発表した。

大谷は、リオネル・メッシがマイアミFCと契約したときに保持していた記録を破った。現在の売上は、クリスティアーノ・ロナウドのマンチェスター・ユナイテッドのジャージが3位、シカゴ・ベアーズのジャスティン・フィールズ、フィラデルフィア・フィリーズのブライス・ハーパーのジャージがそれに続いている。

大谷は、2033年の契約満了後まで6億8000万ドルの契約を延期することに合意したため、ドジャースがジャージ販売で得たお金は、今後10年間保留のままにすることができる。

大谷は3シーズンで2度目の満場一致のMVPを獲得したばかりだ。アーロン・ジャッジの記録的な62本塁打のシーズンがなければ、2022年にも受賞していただろう。

打席では、大谷は2023年に長打率.654、OPS(=出塁率と長打率を足し合わせた値)1.066でメジャーをリードした。出塁率.412は2位、44本塁打は4位、打率.304は9位だった。

大谷はマウンドでも輝きを放ち、132イニングを投げて10勝5敗、防御率3.14、167奪三振を記録した。130イニングを投げた投手の中で、彼の防御率はMLBで9番目で、奪三振率は6番目だった。イニングを投げた投手の中では、それぞれ5位と3位だった。WAR(=打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して、選手の貢献度を表す指標)10.0はメジャートップ。現在大谷のチームメイトであるムーキー・ベッツは8.3で2位。

引用元:Fox Business

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00