Home 経済アメリカ経済 玩具メーカーのハズブロ、クリスマス直前に1000人以上の従業員をレイオフ

玩具メーカーのハズブロ、クリスマス直前に1000人以上の従業員をレイオフ

by Jack World News

玩具大手のハズブロが1000人以上の従業員をレイオフし、ロードアイランド州プロビデンスにあるオフィスを閉鎖する。

なぜ玩具会社がクリスマス直前にこれほど多くの従業員を解雇するのか?好景気のはずなのに。近年、多くのアメリカ人にとって有害なブランドとなっているディズニーとの提携が直接の原因ではないかと疑う人もいる。

インディ・ジョーンズの前作やマーベルの最新作に関連した玩具を買うために、人々が列をなしているわけではない。

Axiosが報じている。

ハズブロ社、ホリデーシーズンまで続く玩具販売不振で1,100人をレイオフ

ハズブロ社は、従業員約1,1000人をレイオフすることを、SEC提出書類で共有された従業員へのメモで月曜日に発表した。

全体像 ペッパピッグやトランスフォーマーのアクションフィギュア、モノポリーやダンジョンズ&ドラゴンズのファンタジーゲームなど、子供たちに人気のあるこのメーカーは、メモによると、すでに800人の従業員を解雇している。

このニュースを伝えるメモの中で、ハズブロ社のクリス・コックスCEOは、「最初の3四半期は厳しいものになると予想していた。

以下は、RI州プロビデンスのニュースステーションからのビデオレポートである。

どちらの報道もディズニーについては触れていない。しかし、Twitter上ではディズニーとの関連性が指摘されている。

ハズブロとディズニーは地獄で結ばれたようなものだ。株主はなぜ我慢しているのだろうか?

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00