Home 経済アメリカ経済 イーロン・マスク氏、ツイッター買収に関するSEC調査で証言すべきとの暫定判決

イーロン・マスク氏、ツイッター買収に関するSEC調査で証言すべきとの暫定判決

by Jack World News

マスク氏による長引くツイッター買収(現在はX)は、昨年からSECの調査を受けている。

カリフォルニア州の連邦判事は木曜日、億万長者のイーロン・マスク氏が昨年行った440億ドルでのツイッター買収に関する証券取引委員会(SEC)の調査において、再度証言しなければならないという暫定的な判決を下した。

ローレル・ビーラー連邦判事は、SECには召喚状を発行する権限がないというマスク氏の弁護士の主張を退け、金融規制当局には広範な調査権限があるとし、SECの調査に「二番煎じ」をする裁判官はいないと付け加えた。

ビーラーはマスクの代理人とSECに対し、マスクがSECの調査官とあと1回、4時間の宣誓証言に応じるよう手配するよう指示した。

「もしうまくいかなければ、2月にサンフランシスコでやることになる」とビーラーは木曜日の公聴会で述べた。

SECは10月、テスラとスペースXのCEOを兼任する世界一の富豪であるマスク氏を、彼の所有グループがツイッターを非公開にし、後にXとして再ブランド化した440億ドルの取引に関する調査で証言させるためにマスク氏を訴えた。

この訴訟は、SECの調査中にマスク氏が9月のインタビューへの出席を拒否したことに続くものだ。

マスク氏は調査のためにSECに書類を提供し、同年7月には半日のセッションを2回、ビデオ会議を通じて証言した。SECは、新たな文書を受け取った後、弁護士がマスク氏に対してさらに質問があることを示し、その結果、2023年9月の面談は失敗に終わった。億万長者はこれに応じず、翌月に規制当局が訴訟を起こした。

マスク氏の弁護団は先月、10月の訴訟に対し、「SECによるマスク氏への追及は嫌がらせの一線を越えている」と主張した。

彼らはまた、SECの執行スタッフは合法的に任命されたものではないため、召喚状を発行する権限がないという憲法上の主張も展開した。

判事は、SECには召喚状を発行する権限があるというSECの主張を支持する傾向にあるが、マスク氏とSECが証言について合意に達しなかった場合、来年早々に命令を出す前にこれらの主張をより詳細に検討すると述べた。

引用元:Fox Business

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00