Home 社会事件・事故・犯罪 民主党上院議員、ゲイ・セックス騒動の渦中の側近が問題人物と知りながらも彼を昇進させた

民主党上院議員、ゲイ・セックス騒動の渦中の側近が問題人物と知りながらも彼を昇進させた

by Jack World News

上院公聴会でのゲイ・セックスで解雇された補佐官は、きわどいソーシャルメディアへの投稿で知られていた。

先週の金曜日、エイダン・メース=ツェロプスキーの生々しいビデオが世間に知れ渡った。

メース=ツェロプスキーはビデオが公開された数時間後に解雇されたが、自身のリンクトイン・ページを削除する前に、暴露されると被害者面をしようとした。

民主党上院議員カーディンの事務所は、メース=ツェロプスキーのソーシャルメディア活動が制御不能であることを知っていたが、とにかく彼を昇進させた。

彼は自分のインスタグラムで、選ばれた人々にきわどいネタを投稿し続けたと伝えられている。

重要なのは、この補佐官のソーシャルメディア上での存在感はよく知られていたということであり、このゲイセックスのメルトダウンは誰も衝撃を受けるべきではないということだ。

カーディンの事務所には、広報上の大惨事を防ぐチャンスがあったが、賭けに出ることにし、そして負けたのだ。The Deskのマシュー・キーズが詳細を伝えている。

11月、ベン・カーディン上院議員のチーフ・オブ・スタッフであるクリス・リンチは、U.C.バークレー校を卒業したエイダン・メーセ=ツェロプスキーを初級補佐官から昇格させ、同時に23歳の彼にヌードやセミヌードの写真を自身の公開インスタグラム・ページに投稿するのをやめるよう警告した。

メーセ=ツェロプスキーは、自身のインスタグラム・ページに投稿された、現在は削除されているストーリーの中でこの警告を肯定し、その中で、”チーフ・オブ・スタッフが私を昇進させたばかりなのに、ソーシャルメディアへの投稿を控えろと言ってきた “と述べている。

カーディン上院議員の事務所関係者によると、彼は2週間ほど、露出度の高い投稿のほとんどを “親しい友人 “のフィードに移し、自宅で仕事をしているときやラスベガスなどに旅行しているときのヌード写真を投稿していたという。彼は今月初めから再び公の場に写真を投稿し始め、上院でメース・ツェロプスキーと一緒に働いていた人たちを含む1,000人以上のフォロワーが、彼の一糸まとわぬ写真を見ることができるようになったという。

[…]

疑わしい投稿があったにもかかわらず、カーディン上院議員の事務所内では、メース=チェロプスキーのソーシャルメディア活動に対して、自分たちにできることはあまりないと感じている者は少なく、リンチはあるスタッフに、投稿は「個人的なアカウントでなされたもの」であり、事務所は「オープンリー・ゲイのスタッフの個人的な表現を妨げているように思われたくなかった」と話したと、情報筋は語っている。

リンチ氏とカーディン上院議員のコミュニケーション・ディレクターであるスー・ワリツキー氏は、この件に関するコメントを求めるザ・デスクからの電子メールに回答しなかった。

2025年の任期満了後、公の場から引退するカーディン議員にとって、公の場で恥をかくことはせめてもの救いである。メース=ツェロプスキーは、部屋の無断使用で法的措置に直面する可能性がある。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00