Home 社会事件・事故・犯罪 OpenAIがバイトダンスのアカウントを停止。ライバルAI製品の構築にGPTを使用した疑い

OpenAIがバイトダンスのアカウントを停止。ライバルAI製品の構築にGPTを使用した疑い

by Jack World News

OpenAIは、TikTokの親会社であるバイトダンスのアカウントを停止した。バイトダンスは、中国が所有する「GPT」AI技術を “秘密裏に “使用して、独自のライバルチャットボットサービスを構築しているとの報告を受けている。

バイトダンスは、中国政府とのつながりから、米国でのTikTokの運営について、連邦政府による厳しい監視が行われているが、同社のAI製品の「開発のほぼすべての段階で」、OpenAIのアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を利用しているとThe Vergeは社内文書を引用して報じている。

バイトダンスは、”Project Seed “と呼ばれる “最優先 “で “秘密 “の社内イニシアチブの一環として、独自の大規模言語モデル、つまり無限のインターネットデータで学習させたAIツールを構築してきた。

報告書によると、バイトダンスはOpenAIの “GPT “をモデルの訓練と開発の評価の両方に使用している。

この行為は、OpenAIの利用規約に違反しているようだ。OpenAIのAIプラットフォームは、”当社の製品やサービスと競合する人工知能モデルを開発するために “使用することはできないと顧客に伝えている。

「すべてのAPI顧客は、我々の技術が善のために使用されることを保証するために、我々の使用ポリシーを遵守しなければならない。」

「バイトダンスのAPIの使用は最小限でしたが、さらに調査する間、彼らのアカウントを停止しました。」

「彼らの利用がこれらのポリシーに従っていないことが判明した場合、我々は彼らに必要な変更を求めるか、彼らのアカウントを停止します 」と広報担当者は付け加えた。

バイトダンスは、OpenAIのツールへのアクセス権を、AI企業の主要な出資者でありパートナーでもあるマイクロソフトを通じて購入していると報じられている。

マイクロソフトにも同様の利用規約がある。

The Vergeによると、バイトダンスの「Lark」メッセージング・サービスで、社員がOpenAIの利用を示す証拠をいかに “隠蔽 “するかについてチャットしている社内ディスカッションを目撃したという。バイトダンスは定期的にこのサービスの利用制限に達していたと言われている。

バイトダンスは昨年8月、”Duobao “と名付けられたAIチャットボットを立ち上げるため、中国で規制当局の承認を得たと報じられている。同社は、同じ期間内にOpenAIが生成したテキストの使用を停止するようチームに伝えたと報じられている。

バイトダンスの内部事情に詳しい情報筋がThe Vergeに語った。

Duobaoはすでに中国で利用可能で、中国ベースのサーバーで運営されている。TikTokでは現在利用できない。

コメントを求められたバイトダンスの代表Jodi Sethは、同社のエンジニアがProject Seedの初期段階でOpenAIのツールを使用していたことを確認したと報じられたが、関連するテキストは今年初めにチャットボットのデータセットから削除されたと主張した。

「バイトダンスはMicrosoftからGPT APIを使用するライセンスを受けています。中国以外の市場ではGPTを使用して製品や機能を提供していますが、中国でのみ利用可能なDoubaoを提供するために自社開発モデルを使用しています。」

一方、マイクロソフトの広報担当者はThe Vergeに対し、同社はすべてのAI顧客にアクセスの承認を求めていると述べた。

「顧客が責任を持って当社の利用規約を遵守してこれらのテクノロジーを利用できるよう、基準を設け、リソースを提供しています。また、不正使用を検知し、企業が当社の行動規範に違反した場合にアクセスを中止するためのプロセスも用意しています」と広報担当者は述べた。

The Post紙は、OpenAI、Microsoft、バイトダンスeに追加コメントを求めている。

バイトダンスがAIのリーダーになろうとしていることが明らかになれば、同社の運営に対する懸念が再燃する可能性がある。

OpenAIは、疑惑を調査している間、バイトダンスのAIツールの使用を停止している。

昨年5月、米国を拠点とするバイトダンスの元幹部は、中国共産党が米国に保存されているものも含め、TikTokの親会社が保有するすべてのデータに「最高のアクセス権を保持している」と主張した。バイトダンス社はこの疑惑を「根拠がない」と非難し、不正行為を否定した。

3月、バイデン政権はバイトダンス社幹部に対し、同社が株式を売却しない限り、TikTokは米国での禁止措置に直面すると警告したと報じられた。同社によると、世界の投資家がバイトダンス株の約60%を保有し、20%は従業員が、20%は創業者が保有している。

一方、共和党議員は、同プラットフォーム上での反ユダヤ主義や反イスラエルのコンテンツの拡散を懸念し、TikTokの禁止を求める声を強めている。同社は不正行為を否定し、規則に違反する投稿を積極的に取り締まっていると述べている。

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00