Home 社会教育 リベラルで有名なアトランティック誌も、盗作問題で学長の責任を追及しなかったハーバードを非難「価値観を裏切った」

リベラルで有名なアトランティック誌も、盗作問題で学長の責任を追及しなかったハーバードを非難「価値観を裏切った」

by Jack World News

「ハーバード大学の学生たちは、同校の腐敗と二重基準を、公然と、あるいは密かに笑うだろう」と『Atlantic』誌

極左メディアとしても名高い『アトランティック』誌は、ハーバード大学が最近の不祥事、特に盗作スキャンダルについて、学長であるクローディン・ゲイの責任を追及するために十分なことをしていないと非難した。

ハーバード大学で博士号を取得し、同大学の元管理職であるアトランティック誌の寄稿ライター、エリオット・コーエンは、金曜日の記事で同大学の理事会を非難し、ゲイの盗作に対する責任を追及しなかった理事会は 「もっと厳しく 」なるべきだと主張した。

彼は、ゲイの疑惑の行動は「議論の余地がない」ものであり、指導者としては「失格」であり、退任する必要があると主張した。

ハーバード大学では、ゲイが同大学での自身の博士論文を含む複数の過去の学術論文を盗用したという非難が雪崩をうっている。同学長はすでに、下院教育労働委員会の公聴会で、大学キャンパスにおける反ユダヤ主義についての質問をかわし、非難を浴びていた。

その中でコーエンは、彼が博士課程の学生だった後、ハーバード大学の助教授として採用された時、「ハーバード大学は当時、剽窃を深刻に受け止めていた。

引用符も引用もせずに他人の言葉を引用した者たち “は、1年間大学から追放され、その間は学業以外の仕事に就かなければならなかった。

「彼らは元の悪行を検証し、反省する声明を提出した後、再入学することになる」と彼は付け加えた。彼は、「情報源の悪用」と呼ばれる、より軽い違反を犯した学生が、「1年間の保護観察処分と課外活動への参加停止処分を受けることが予想される」と述べた。

さらにコーエンは、ハーバード大学の剽窃者への対処法を「非常に優れたシステム」であり、「懲戒のプロセスでさえも教育的であるべきだという考えに基づいている」と述べた。

そして、学長の盗作と、その責任を追及しない教授陣が、かつて学校が持っていた信用を破壊したと指摘し、ゲイと、ひいては学校に対する非難を展開した。

指導者は、深く根ざした責任感から始めなければならない。そこからアカウンタビリティ、つまり自分の組織の失敗を自分のものとする能力へと移行する。例えば、自分が学長を務める大学のキャンパスでユダヤ人学生が嫌がらせや脅迫を受けているとしたら、『これは私の責任です。単純明快な言葉で、”私が解決します “と言うことが必要です。」

クローディン・ゲイが他の学者の言葉を使ったことは議論の余地がない。

コーエンはさらに、「私は様々な場所で提示された証拠を見ましたが、どれも反論されておらず、これが盗作であることは明らかです。」と付け加えた。

最も寛容で同情的な読み方をすれば、これと同様のコピーが単に “出典の誤用 “に過ぎないとしても、それはどの大学でも指導的立場にある者として失格である。彼女が明白かつ無条件に責任を受け入れないことが、事態をさらに悪化させている。」

コーエンは次に、この状況において学校がいかに偽善的に見えるかについて言及し、次のように述べた。「今日、ハーバードの教師として、学部生の目を見て、なぜ盗作が学問という営みに内在する価値観の侵害であるかを説くことができるのか、私にはわからない。彼らは公然と、あるいはひそかに、その腐敗と二重基準を笑うだろう。」

著者は、「ゲイ学長は苦境に立たされている。ハーバード・コーポレーションはもっと厳しい状況に置かれてしかるべきだ。なぜなら、大学がかつて大切にし、今も宣言している価値観を裏切ってしまったのだから。」 と著者は結んでいる。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00