Home 政治アメリカ政治 シカゴ市長、国境危機に警鐘を鳴らしながら連邦政府の支援を懇願「国が今、危機に瀕している」

シカゴ市長、国境危機に警鐘を鳴らしながら連邦政府の支援を懇願「国が今、危機に瀕している」

by Jack World News

ブランドン・ジョンソン・シカゴ市長は水曜日、移民危機への取り組みにおいて連邦政府がより大きな役割を果たすよう懇願し、ウィンディ・シティとアメリカの他の地域が新たな到着者によって圧倒されていると警告した。

「連邦政府からの実質的な多額の投資がなければ、この任務を維持できないのはシカゴ市だけではありません」とジョンソン氏はCNNに語った。

「今、危機に瀕しているのは国全体なのです。」

ジョンソン氏(47)は、バイデン政権に対し、この問題に対処するために150億ドル相当の資源を確保するよう要請したと説明した。

バイデンは、10月に発表した1060億ドルの追加援助パッケージの一部として、国境警備に136億ドルを要求した。

この法案をめぐる交渉は現在上院で停滞しており、投票が行われるとしても年明け以降になりそうだ。

「ここシカゴでは、およそ15,000人がシェルターや一時的な避難所で暮らしています。全部で27近いシェルターがあります。また、シカゴの公立学校では4,500人の子供たちが医療を受け、シカゴ市内を通過する際にスクリーニングを行い、すべての避難所で予防接種を実施しています。これは、私の市政が直面しなければならなかった顕著な課題でした。」

より多くのリソースに加え、ジョンソン氏は水曜日、市、郡、州、連邦政府の間でより多くの “調整 “が必要だと述べた。

ジョンソン市長は語った。「就任以来、私たちは協調性のないアプローチをしてきました。私が取り組んできたのは、混乱に陥るのではなく、状況を整理し、落ち着かせることです。連邦政府の大きな支援がなければ、これは持続可能なものではありません。」

ジョンソン市長はバイデン大統領には言及しなかったが、テキサス州のグレッグ・アボット知事を非難した。彼は国境地帯からシカゴ、ニューヨーク、ワシントンDCなどのいわゆる “聖域都市 “に移民をバスで派遣している。

「アボット知事のやっていることは、率直に言って無謀だ。私たちは、国境に大きな課題があることを認識しており、真の実質的な移民制度改革と、市民権取得のための仕組みと道を可能にする政策が必要である。」

「しかし、イリノイ州全土、そして国中にバスを送り込むことは無謀であり、率直に言って危険である」と述べた。

ジョンソン氏とは対照的に、ニューヨーク市長のエリック・アダムス氏は、移民急増をめぐる民主党側のバイデン氏の最も声高な批判者の一人として浮上している。

「連邦政府はニューヨーク市にこう言った。『週に4,000人の面倒を見てくれ、エリック。』」アダムスは火曜日、記者団にこう嘆いた。

「政府で私たちを助けてくれるはずの人たちは、すべての段階で私たちを批判するだけだった。」と市長は付け加えた。

「連邦政府のやり方からは、トンネルの先に光が見えるとは思えない。」

市当局によると、この1年半で16万1000人以上の移民がビッグアップルに到着した。68,000人以上が市の保護下にあり、ゴッサムの財政を圧迫している。

2022年9月の開始以来、シカゴには2万人以上の移民が到着している。

9月30日に終了した2023会計年度中に、アメリカとメキシコの国境沿いで247万人以上の移民との遭遇が報告された。米国税関・国境警備局のデータによると、11月だけで24万2000人以上の亡命希望者が逮捕された。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00