Home 社会グローバリズム・全体主義 JFK空港への交通妨害で、少なくとも26人の反イスラエル・デモ参加者を逮捕

JFK空港への交通妨害で、少なくとも26人の反イスラエル・デモ参加者を逮捕

by Jack World News

水曜日にジョン・F・ケネディ国際空港への道路を封鎖した反イスラエルのデモで、少なくとも26人の抗議者が逮捕されたと警察が発表した。

デモは午前11時ごろ、クイーンズ空港のターミナル4近くに掲げられたイスラエル国旗の前で、5台ほどの車がヴァン・ウィック・エクスプレスウェイに突然停車したことから始まった。

何人かの抗議者は車から降り、”帰国の権利 “と “虐殺からの分離 “と書かれた横断幕を広げた。

その後ソーシャルメディアに投稿された動画には、両手をつないだ40人もの人々が高速道路とサービス道路の交通を妨害し、旅行者が雨の中、荷物を持ってターミナルまで歩くことを余儀なくされている様子が映っていた。

デモ参加者たちは、パレスチナの旗を振りながら、「川から海へ」(イスラエルを排除するための呼びかけと多くの人がみなすスローガン)、「フリー、フリー・パレスチナ」と唱えているのが見えた。

憤慨した旅行者がタクシーを降り、徒歩で空港への道を歩き続ける姿も見られた。その中には、港湾局の警察官に「なぜデモ隊を排除できないのか」と質問する男性の姿もあった。

デモは30分ほど続いたが、港湾局の警官がさらに到着し、警官隊は最終的に行動に出て、叫び続けるデモ参加者に手錠をかけた。

デモ隊が連行されると、他のデモ隊は連鎖を断ち切り、車やバスが再び通行できるようにした。

一方、デモ参加者たちは、MTAバスの中に入れられる前に、両手を後ろ手に手錠をかけられ、歩道に座っているのが目撃された。

警察筋によると、少なくとも26人が身柄を拘束され、その後、机上の出頭チケットで釈放されたという。

抗議行動中に喧嘩は起こらず、デモ参加者の一人が、妨害されたタクシー運転手の一人に迷惑料として50ドル札を渡しているのが目撃された。

この抗議デモは、南カリフォルニアのロサンゼルス国際空港の外でも同様のデモが行われていた。

ロサンゼルスのデモの映像には、少なくとも20数人の別のグループが、道の真ん中でこう書かれた看板を掲げているのが映っていた。「停戦では不十分だ。土地を返せ!自由なパレスチナを」

また、別のビデオでは、明らかに暴動鎮圧用の装備に身を包んだ警察がデモ隊に近づいていく様子も映っていた。

警官隊が到着すると、デモ参加者たちはそれぞれの方向に走り去り、十分な速度が出なかった人たちは拘束された。

Fox11によると、現地時間午前10時過ぎ、少なくとも12人のデモ参加者が拘束されたという。

ロス市警はXの声明で、「ロサンゼルス空港周辺で進行中の抗議活動を認識している 」と述べた。

「この地域の交通は現在影響を受けています。この地域を避け、最新情報を引き続き監視してください。」

ロサンゼルス市警のスポークスマンは、警官が35人を暴動で、1人を警官への暴行で逮捕したと述べた。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00