Home 政治世界の政治 EU、2024年に「2016年」の再来を懸念

EU、2024年に「2016年」の再来を懸念

by Jack World News

ジョゼップ・ボレル欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長は、移民危機の悪化により、2024年にポピュリストが急増することを恐れている。

そのような復活は、2016年のブレグジットやトランプの勝利と同じような性質で、ポピュリスト右派にとって第2の大きな瞬間となるだろう。

「私は恐怖を恐れている。ヨーロッパ人は恐怖を感じているから投票するのだ。未知と不確実性に直面した恐怖が、安全保障上の対応を求めるホルモンを発生させることは科学的に証明されている。これは事実です」とボレルは主張した。

彼は多くのEU高官と同様、有権者とは無関係に任命された。

欧州連合(EU)体制は、2024年6月に予定されている欧州議会選挙で保守・ポピュリスト政党が躍進することを懸念している。

全体として、欧州のポピュリスト右派は近年、さまざまな成功を収めている。

ハンガリーでは2022年にヴィクトール・オルバンが4期連続の当選を果たした。

イタリアでは、ここ数十年で最も保守的な首相となるはずだったジョルジア・メローニが選出された。しかし、彼女はすぐに倒された。

今年はスペインの選挙でもポピュリストが敗北し、社会党政権は右派が2位に押し上げたにもかかわらず政権にしがみついた。

同様に、ポーランドの法と正義党(PiS)は、グローバリスト政党の連合が政権を掌握するために協定を結んだため、1位になったにもかかわらず、元EU大統領のドナルド・トゥスクによって追放された。

オランダの選挙では、ポピュリストの雄、ゲルト・ウィルダース氏が第1党となったが、オランダの次期政権をめぐる交渉(何らかの連立政権となるだろう)は未解決のままだ。

引用元:The National Pulse

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00