Home 政治戦争 ロシアの大規模空襲 – ウクライナの産業、軍事、インフラ施設が攻撃される – 122発のミサイルと24機のドローンが使用された – 戦争中最大規模か?

ロシアの大規模空襲 – ウクライナの産業、軍事、インフラ施設が攻撃される – 122発のミサイルと24機のドローンが使用された – 戦争中最大規模か?

by Jack World News

ウクライナでの戦争は、交戦国の軌道が逆転したまま2年の節目を迎えようとしている。

キエフ政権は弾薬、ミサイル、無人機、防空システムを欠乏させ、老人や病人、女性までも徴兵している。

ロシアはといえば、軍事産業がかつてないほどの装備を生産し、日に日に力をつけている。

ロシアは1,000キロ(620マイル)の接触線の複数の部分で領土を拡大し、軍事施設やインフラ施設を狙った空襲を止められない。

昨夜から今朝にかけて、ロシア軍は複数の地域で大規模なミサイル攻撃と無人機による空爆を行った。

AP通信が伝えた。

「ロシアはウクライナの標的に対して122発のミサイルと数機の無人機を発射し、少なくとも20人の市民が死亡した」と空軍当局者は語った。

ウクライナ空軍は、弾道ミサイルと巡航ミサイルの大部分と戦略無人機ゼラニウムを一晩で迎撃したと主張した。

これは、ウクライナが空から全ての物体を撃墜したと主張している時とは異なる。

ロシア軍は、ウクライナの防空イオンを圧倒するために、その閾値を探っている。

「ウクライナ空軍によると、過去最大の攻撃は2022年11月で、ロシアはウクライナに対して96発のミサイルを発射した。空軍の記録によれば、今年最大のものは3月9日の81発だった。」

欧米の政府関係者やアナリストは最近、ロシアがここ数カ月、巡航ミサイルによる攻撃を制限していたのは、ウクライナ人の精神を打ち砕くことを期待して、冬の間に大規模な攻撃のための備蓄を蓄えるための明らかな努力であったと警告した。

およそ18時間の猛攻撃だった。ザルジニーは、今日の攻撃で工業施設と軍事施設が攻撃されたことを明らかにした。

「今日、ロシアはほぼすべての兵器を使用した 」と(ウクライナの)ゼレンスキー大統領はソーシャルメディア・プラットフォームX(旧ツイッター)で述べた。

ウクライナのチャンネルStranaは、今日の攻撃は大規模ではあったが、この戦争で最大ではなかったことを明らかにしている。

ザルジニー総司令官は、「重要なインフラ、産業施設、軍事施設が攻撃された 」と述べた。

そして実際、データから判断すると、今回のミサイル攻撃は主に軍事企業や倉庫を狙ったものだった。あるいは、他のインフラを利用した軍か。同時に、昨年の大規模な攻撃とは異なり、今回の攻撃はエネルギー施設に集中したものではない。

引用元:The Gateway Pundit

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00