Home 社会災害 カリフォルニアで観光客が大波にのまれ8人が負傷、心臓が止まる瞬間

カリフォルニアで観光客が大波にのまれ8人が負傷、心臓が止まる瞬間

by Jack World News

西海岸は壊滅的な嵐に見舞われている

木曜日、太平洋上の暴風雨が海岸線に押し寄せた大きなうねりが海岸の浸水を引き起こし、避難勧告が出されたため、巨大な波がカリフォルニアを襲った。

ベンチュラでは、波が防潮堤に激突し、見物人がパニックになって内陸に逃げ込む様子が、傍観者のビデオに映し出された。KETY-TVによると、8人が負傷した。

木曜日の朝、マリン郡沿岸部に避難勧告が出され、その日のうちにサンタクルーズ郡とカピトラ村にも避難勧告が出された。

ベンチュラでは、波が防潮堤に激突し、見物人がパニックになって内陸に逃げ込む様子が目撃されている。KETY-TVによると、8人が負傷した。

木曜日の朝、マリン郡沿岸部に避難勧告が出され、その日のうちにサンタクルーズ郡とカピトラ村にも避難勧告が出された。

波浪は28フィートから33フィート、場所によっては40フィートまで達する可能性があると国立気象局は速報で伝え、沿岸の低地では洪水の報告があると付け加えた。

予報官たちは、岩や桟橋に近づかないように、また『スニーカーウェーブ』(砂浜を遥かに駆け上がり、ビーチから人を洗い流す可能性のある、時折発生するはるかに大きな波)の危険性があるため、海に背を向けないようにと呼びかけている。

特に南カリフォルニアでは、土曜日にサンディエゴで最も高い波が予想されている。

サンフランシスコ近郊の状況は、金曜日の早い時間には改善される見込みだが、ロサンゼルスは土曜日の午後10時まで高波と海岸浸水注意報が出ている。

生命を脅かす波のコンディションのため、誰もが海から出るべきでない。桟橋や橋脚、その他の水辺のインフラには近づかないように」とNWSは呼びかけている。

モントレー湾の北端にあるアプトスでは、木曜日に波がビーチを越えて駐車場に押し寄せ、辺りは瓦礫だらけとなった。

地元企業のヴィーナス・スピリッツ・カクテル・アンド・キッチン・ビーチサイドは、波が屋外のダイニングエリアに押し寄せる様子を映した防犯カメラの映像を掲載した。

GoFundMeのキャンペーンでオーナーは、被害状況を確認するために店に戻ることができず、ほぼ1年前の同様の洪水からまだ立ち直っていないと述べた。

「母なる自然は怒っている」と、数年前からアプトスに住むイヴ・クラマーは言った。「波がすごいんです。巨大です。」

昨年1月、西海岸が多数の大気河川に襲われたとき、同じ地域が海に打ちのめされた。

「ここの低いところにいる人たちに同情するよ」と、同じくアプトスの住民であるジェフ・ハワードは言った。

それほど巨大ではないものの、南カリフォルニア沿いの波もまた、命にかかわる引き波が発生する危険なものであった。それでもサーファーたちは我慢できなかった。

ロサンゼルス郡沿岸のマンハッタンビーチのすぐ北で波をキャッチしていたアレックス・ビュフォード(27歳)によれば、忍耐が鍵だったという。

「波が本当に信じられないレベルで、すごく大きなボードを持っているのに入るのがちょっと難しいから、しばらく待っていたんだ」と彼は言った。「いい波が来るのを待っていたら、長い波が来たんだ。かなり大きかった。気持ち悪かった」

ハワイでは、気象庁が5つの島の北向きの海岸で30から40フィート、西向きの海岸で18から22フィートまで波が上がると予報した。

ハワイのプロサーファー、シェルドン・パイションは木曜日の朝、オアフ島の西側にある世界的に有名なサーフビーチ、マカハでサーフィンの準備をしていた。

パイション(30歳)は今週、オアフ島のあちこちのスポットでサーフィンをしている。

「ハワイの冬はいつも波が大きい」と彼は言った。

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00