Home 政治戦争 南米の火薬庫 マドゥロ大統領、英軍艦船がガイアナへ向かった後、5千人の兵士と数十隻の軍用船と飛行機をエスキボ地方に動員

南米の火薬庫 マドゥロ大統領、英軍艦船がガイアナへ向かった後、5千人の兵士と数十隻の軍用船と飛行機をエスキボ地方に動員

by Jack World News

ベネズエラがカリブ海東部沿岸に5,000人以上の兵士を配備することを決定したため、ガイアナの紛争地エスキボ地方では緊張がかなり高まっている。

ベネズエラの社会主義独裁者ニコラス・マドゥロによるこの動きは、エスキボ領土をめぐる紛争が拡大する中、隣国ガイアナがイギリスの軍艦を受領した後のことである。

一見したところ、アメリカ国民の関心は低そうだが、フロリダからわずか2,000マイルの地点で潜在的な軍事衝突が勃発しようとしているのかもしれない。

「ベネズエラは自国を防衛し、平穏と平和を守る権利がある。」 マドゥロ大統領は木曜日、国営テレビでこう語った。「ベネズエラは自国を防衛する権利がある。我々はいかなるものからの挑発や脅迫も受け入れない。」

ベネズエラは2018年にも同様の行動をとり、エクソンモービル社のために働く船舶をこの地域で停止させた。

マドゥロ大統領は、今日の行動はより広範な計画の第一段階に過ぎないと述べたが、ガイアナが支配しているものの19世紀以来ベネズエラが領有権を主張している、フロリダ州とほぼ同じ大きさのエスキボ諸島をめぐる近隣諸国間の長期休眠状態の紛争がエスカレートする可能性がある。

ベネズエラのニール・ビラミザール海軍司令官によると、ベネズエラの軍隊のいくつかの部門から5,682人の軍人が、3隻の海洋パトロール船、3隻の多目的船、7隻のミサイルボート、8台の水陸両用車、12機のスホーイを含む20機以上の戦闘機とともに派遣されたという。

この兵力はベネズエラの推定兵力のわずか4%に過ぎないが、ガイアナの推定戦闘員数に匹敵する。これは、関係する兵力の格差を物語っている。

もちろん、ガイアナの同盟国が介入すれば、このパワーバランスは変化する可能性がある。

大方の予想通り、英国がこの地域に軍艦を1隻派遣したことは、マドゥロによるエスカレート反応を促した。

英国はガイアナへの支持を何度も再確認しているが、この地域に下級閣僚を派遣した。デイヴィッド・ラトリー米州・カリブ海・海外領土担当大臣である。

西側諸国が外国の紛争に対する軍事的支援を拡大しすぎているように見える今、このことがそれを物語っている。

マイアミ・ヘラルド紙が報じた。

“ベネズエラ軍は、演習の範囲と期間についてほとんど詳細を述べなかったが、その初期段階には、トリニダードの西にあるパリア湾とガイアナの西にあるオリノコデルタの前で、砲艦や補給艦を含む約12隻の軍艦と、戦闘機を含む2倍の数の飛行機が参加したと述べた。”

マドゥロは軍人に囲まれながら国営テレビに登場した。彼は、英国軍艦の訪問は脅威であると述べた。

「ベネズエラは脅威を前にして黙っていることはできない。私は、ベネズエラの東カリブ海、大西洋岸におけるボリバル国家軍(FANB)全体の共同行動、すなわち、わが国の平和と主権に対するイギリスの挑発と脅威に対する防衛的性格の共同行動の発動を命じた。」

ガイアナのイルファーン・アリ大統領は、自身のXアカウントで、ガイアナの領土で予定されている軍事演習から、いかなる国家も恐れることはないと述べた。

「我々は、自国のものでないものを欲しがる野心も意図も抱いていない。我々は、隣国や地域内のすべての国との平和的関係に全力を尽くしている。ガイアナは、国家の発展を追求する一方で、平和を促進し、前進させることに揺るぎはありません。ガイアナは長い間、国内安全保障の強化を目的とした地域国家や国際国家とのパートナーシップに従事してきた。これらのパートナーシップは、誰に対しても脅威を与えるものではなく、いかなる国家に対しても攻撃的であったり、攻撃的な行為を構成するものではありません。」

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00