Home 政治2024年米大統領選挙 アーカンソー州、紙投票を提唱するグループが州司法長官に提案書を提出

アーカンソー州、紙投票を提唱するグループが州司法長官に提案書を提出

by Jack World News

地元メディアKARKによると、Restore Election Integrityグループは、アーカンソー州の投票手続きを変更するために2度目の試みを行い、12月29日に憲法改正案をアーカンソー州司法長官に再提出した。

この改正案では、将来のアーカンソー州の選挙が紙の投票用紙のみで行われるようになり、不在者投票の制限が強化される可能性がある。同団体は以前、紛らわしい表現があるとして、この改正案を却下している。

ティム・グリフィン司法長官によって承認されれば、この改正を進めるためには、75郡中50郡から少なくとも54,422人分の署名を集める必要がある。

これは、Restore Election Integrityグループが、その信頼性を高めるために、州の選挙プロセスにこの重要な修正を導入しようとする最新の試みである。

この修正案が成立すれば、2024年の総選挙の投票用紙に記載される可能性がある。

批判派は有権者のアクセスへの影響を懸念し、賛成派はセキュリティ対策の強化の必要性を主張している。

再提出された法案の詳細はまだ発表されていない。

引用元:The National Pulse

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00