Home 軍事中国軍事 元米海軍海兵隊員エリック・プリンス、中国は「2024年春に台湾を奪う」と予測

元米海軍海兵隊員エリック・プリンス、中国は「2024年春に台湾を奪う」と予測

by Jack World News

元米海軍海兵隊員のエリック・プリンスが、中国が「2024年春に台湾を奪う」可能性があると予測した。

彼の発言は、中国の習近平国家主席が台湾を中国本土に統一する意向を表明したことを受けたものだ。

プリンスは、2024年5月か6月に台湾が占領される可能性があると予測している。「台湾で武力行使を行う場合、5月か6月頃に天候の窓が開く。」と彼は説明した

「もし台湾を武力で占領するつもりなら、この春に何かやるだろうと私は予想している。」

プリンスはまた、2022年以降、ウクライナへの装備のために多くの資源を使い果たしているNATOの状況についても見解を述べた。

彼は、ドナルド・トランプ前大統領が、ヨーロッパの加盟国が防衛を軽視し、力仕事をすべてアメリカに頼っていると批判したことは「まったく正しい」と述べた。

「トランプ大統領が、NATOが分担金を支払わないことに文句を言ったのは正しかった。加盟28カ国のうち、いまだにGDPの2%を防衛費として支払っているのは5、6カ国だけだろう。」

「これらのNATO諸国からウクライナに大量の防衛在庫が移され、戦場で消費されている。そのため、ヨーロッパは目を覚ます必要がある。産業基盤を強化する必要がある」と警告した。

引用元:The National Pulse

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00