Home 政治ホワイトハウス 「世界の平和と安全を強化する」バイデン国務省の仕事に誇りを持つブリンケンを嘲笑

「世界の平和と安全を強化する」バイデン国務省の仕事に誇りを持つブリンケンを嘲笑

by Jack World News

「世界がこれ以上バイデンの『平和』に耐えられるとは思えない」テッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)がブリンケンのX投稿にコメントした。

ソーシャルメディア上で著名な保守派が、アントニー・ブリンケン米国務長官が “世界平和の強化 “に取り組んでいると宣伝したことを非難した。

木曜日、ブリンケンは「外交の肖像:2023年、アントニー・J・ブリンケン国務長官との写真の旅」と題された国務省の年末メディア・プレゼンテーションへのリンクをシェアした。

ブリンケン氏は、「この1年間の移動距離、訪問国、そして激しい外交を振り返ると、より強固なパートナーシップを築き、世界の平和と安全を強化するための私たちの活動を誇りに思います。」と投稿した。

ブリンケンの写真のみで構成された “写真の旅 “ページの紹介文には、「アントニー・J・ブリンケン国務長官は、アメリカのパートナーシップを最大の戦略的資産と呼んでいます。2023年、彼は38万キロ以上を旅し、わが国のパートナーと会うために20数カ国を訪問した。彼は同盟国との連帯を誓い、災害後の支援を提供した。」

同サイトによると、ブリンケンの担当カメラマンは、”わが国のパートナーシップを守り、新たなパートナーシップを築くという長官の使命 “を記録するため、約10万枚の写真を撮影したという。

このサイトでは、ブリンケンがウクライナのゼレンスキー大統領を含む外国の首脳と会談している写真、バイデン大統領とポーズをとっている写真、アメリカ女子サッカー代表チームと一緒にいる写真、9月にD.C.で開催された同省のグローバル・ミュージック・ディプロマシー・イニシアチブでギターを弾いている写真などが掲載されている。

しかし、Xの保守派は、ブリンケンの今年の国務省の仕事に対する熱意、特に「平和」の強化に関する彼の言葉には共感せず、世界中で起こっているあらゆる混乱を指摘した。

リック・グレネル元国家情報長官代理は、「あなたの在任中に2つの残忍な戦争が勃発した。あなたの言う平和とは何ですか?」とコメント。

テッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)はブリンケンに対し、「バイデンの “平和 “に世界がこれ以上耐えられるとは思えない」と述べた。

クルーズの元スタッフ、スティーブ・ゲストはジョージ・オーウェルの『1984年』を引き合いに出し、ブリンケンの投稿がディストピアのプロパガンダであることを示唆した。彼はこう書いた。「自由は奴隷。無知は強さだ。」

国連研究センターのマーク・セドン所長は、ブリンケンの発言は妄想だと主張し、「ブリンケンがクラウド・ナインに降り立った最終的な証拠だ。私の生涯で、アメリカがこれほど孤立したことはない。」

ウィスコンシン州選出のデリック・ヴァン・オーデン下院議員は、バイデン政権のアフガニスタン撤退をブリンケンに思い出させる機会を得て、こう投稿した。「あなたは辞任し、残りの人生をゴールドスターの家族のために費やすべきだ。」

引用元:Fox News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00