Home 社会事件・事故・犯罪 「ズタズタにされた」ハマスによるイスラエル人女性への性的暴力の詳細を語る目撃者たち

「ズタズタにされた」ハマスによるイスラエル人女性への性的暴力の詳細を語る目撃者たち

by Jack World News

ニューヨーク・タイムズ紙が木曜日に報じたところによると、10月7日に発生した同時多発テロの目撃者が、ハマスによるスーパーノバ・ミュージック・フェスティバルでのイスラエル人女性への生々しいレイプと拷問について語った。

NYTによると、24歳のサピルさんは、テロ当日の朝、イベントに参加しており、イスラエル警察に撃たれて茂みに隠れた後、ハマスのテロリストたちによる5人の女性のレイプを見たと語った。

その女性によれば、ある女性はひるむたびに刺されながらレイプされ、別の女性は “ズタズタにされ”、さらに別の被害者は顔を切り裂く前にカッターナイフで胸を切り落とされたという。

「一人はレイプを続け、もう一人は彼女の乳房を誰かに投げつけ、弄んだり投げたりして、道路に落下させた」とサピルさんは語った。

NYTによれば、サピルさんは、他にも3人の女性がレイプされ、テロリストの何人かはさらに3人の女性の首を持ち歩いていたと語った。

彼女の友人であるユラ・カロルさん(22歳)も、数人の女性がレイプされ殺害されるのを目撃している。

NYTによれば、サピルさんは、自分が隠れた場所と自分の傷の写真を何枚も撮り、警察に見せた。

「その日、私は動物になった。感情から切り離され、鋭く、ただ生存のアドレナリンが出ていた。細部まで忘れることなく、まるで自分の目で撮影しているかのように、すべてを見つめた。自分に言い聞かせた。すべてを覚えておくべきだと。」

同じくフェスティバルに参加していたラズ・コーエンさんとショーム・ゲタさんは、NYT紙に、複数のハマスの戦闘員が裸で泣き叫ぶ女性と一緒にバンから降りてくるのを見たと語った。

ゲタさんは、男たちは犠牲者を刺しながら “くすくす笑い “をし、”彼女を屠殺していた “と語った。

「彼らは皆、彼女の周りに集まってきた。彼女は立っている。彼らは彼女をレイプし始めた。男たちが彼女の周りに半円を描いて立っているのが見えた。一人が彼女を貫いた。彼女は悲鳴をあげた。今でも彼女の声を覚えている。言葉もなく叫んでいた。」

NYTによれば、救急隊員は、ズボンと下着を膝下まで下ろされた数人の女性の死体を見たと証言し、ある女性は性器を「切り裂かれた」ように見えたという。

イスラエル軍が編集し、以前にDaily Caller News Foundationが閲覧したフィルムには、フェスティバルに参加した女性たちの服がなく、足が不自然な姿勢で曲がっている写真が写っていた。

NYTによれば、イスラエル軍は10月7日にハマスから性的暴行を受けた女性の数を公にはしておらず、証拠を集めているところだという。

しかし、警察は、テロ直後はハマス排除に重点を置いていたため、現場の徹底的な捜査が行われなかったことが多かったと認めている。

引用元:Daily Caller

You may also like

jackteam_logo_462x112_wh-rd

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00