Home 政治アメリカ政治CIA・NSA・FBI各諜報機関 米情報当局、中国のスパイ気球が米国のインターネット・プロバイダーを使って通信していたと断定

米情報当局、中国のスパイ気球が米国のインターネット・プロバイダーを使って通信していたと断定

by Jack World News

アメリカの諜報機関の評価では、気球は主にナビゲーション用途のための通信を、アメリカの一般的な通信ネットワークを使用していたことが判明した

ワシントン – 米情報当局は、今年米国を横断した中国のスパイ気球が、通信に米国のインターネット・サービス・プロバイダーを使用していたと判断したと、評価に詳しい2人の現職米国政府高官と1人の元米国政府高官が語った。

評価書によると、気球は米国を拠点とする企業に接続し、主に航行に関連する中国との通信を送受信していた。

評価書に詳しい関係者によると、この接続により、気球はバースト送信、つまり短時間に高帯域幅のデータ収集を行うことができたという。

複数の現・元米政府高官によれば、バイデン政権は、気球がアメリカ上空を通過している間、気球に関する情報を収集するため、連邦外国情報監視裁判所に極めて秘密裏に裁判所命令を求めた。裁判所がどのような判決を下したかは明らかにされていない。

このような裁判所命令により、アメリカの情報機関は、気球がアメリカ上空を飛行している間や、気球が中国との間でメッセージを送受信している間、アメリカのインターネット・サービス・プロバイダーを経由して送信された通信を含む、気球の電子的監視を行うことができたと、当局者は述べた。

同社は、中国の気球が同社のネットワークを使用したことを否定した。この判断は、独自の調査と米国当局との協議に基づくものだという。

NBCニュースは、情報源の身元を保護するため、プロバイダーの名前を挙げていない。

国家安全保障会議のスポークスマンは、国家情報長官のオフィスに質問を照会した。同局はコメントを避けた。

ワシントンの中国大使館のリウ・ペンギュ報道官は、これは気象観測用の気球が誤ってアメリカの領空に漂着したものだと述べた。

「以前にも明らかにしたように、気象研究用の飛行船が、偏西風と限られた自己操縦能力のために、意図せず米国に漂着したのである。事実は明らかだ。」

複数の元米政府高官によれば、中国の諜報当局は過去に様々な国で、しばしばバックアップ通信ネットワークとして、市販のサービスプロバイダーを秘密裏に利用してきた。

彼らは暗号化されたネットワークや、強固なセキュリティ・プロトコルを持つネットワークを頻繁に探し、安全に通信できるようにしているという。

これまで報告されていなかった気球の通信を監視するアメリカの努力は、バイデン政権高官が、気球がアメリカ上空を飛行する際に得た情報よりも、気球から得た情報の方が多いと主張した理由のひとつかもしれない。

政権高官は、気球の予想飛行経路を綿密に追跡していたため、アメリカは地上の機密施設を守ることができたと述べている。

米軍は、気球が上空にいる間に画像やビデオを収集できないように、機密機器を移動させたり、隠したりした。

2月4日に気球が撃墜された後、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)のグレン・ヴァンハーク司令官は記者団に対し、米軍と情報機関は気球の情報収集能力から身を守るために徹底的な対策を講じたと語った。

「我々は情報収集を防ぐために最大限の注意を払った。「気球が米国内を通過する間、我々は最大限の保護措置を取ることができた。」

今月の独占インタビューでは、ヴァンヘルクは、中国の気球がそれを収集できないようにするために、緊急行動メッセージのリリースを減らすために、米国の核兵器を監督する米戦略軍と協力したと述べた。

「私たちは、飛行機であれ、ミサイル・フィールドの弾道ミサイルであれ、能力を片付けるための行動をとった。」

「我々は、潜在的に収集される可能性のある緊急行動メッセージの放出を制限した。」

緊急行動メッセージ(EAM)は、米国の指導者が世界中の戦略的部隊と連絡を取る方法である。

このメッセージは高度に機密化されており、核戦争が発生した場合の対応策について、核兵器を搭載できる部隊に指示することも含まれる。

「EAMと核の指揮統制通信を守ることは、米国にとって極めて重要だ」と国防省高官は語った。

気球が撃墜された後、国務省高官は、気球は中国が監視のために使用しており、信号情報を収集できる機器が搭載されていたと述べた。

気球には複数のアンテナがあり、その中には通信を収集し、位置を特定できるものも含まれていたという。

また、巨大なソーラーパネルで電力を供給しており、情報収集センサーを作動させるのに十分な電力を生み出していたという。

国防省と情報機関の当局者は、気球がアメリカ上空にいる間は、中国に情報を送信することはできなかったというのがアメリカの評価だと述べている。

複数の米政府関係者によれば、撃墜後に気球を調査したFBIの科学捜査チームは、気球が搭載していた機器に関する機密報告書を完成させた。その調査結果は秘密のままで、広く説明されていない。

監視法廷の連邦判事は、秘密裏に審理が行われ、監視対象が外国勢力または外国諜報員であるという正当な理由があるかどうか、そして監視が外国諜報情報を得るために必要であるかどうかを判断しなければならない。裁判所の裁定は機密扱いとなる。

引用元:NBC NEWS

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00