Home 社会LGBTQ+ レイプ・シェルターの資金援助を打ち切ったトランスジェンダー活動家を表彰 – カナダ

レイプ・シェルターの資金援助を打ち切ったトランスジェンダー活動家を表彰 – カナダ

by Jack World News

カナダは、トランスジェンダーの活動家であるモルガン・オガー氏に、同国で最も古いレイプ・シェルターの資金援助を打ち切ったにもかかわらず、「多様性の擁護者」として功労勲章を授与した。

女性として生きる男性であるオガーは、12月7日にカナダ総督メアリー・サイモンからメダルを受け取った。

オガーは、”トランスジェンダー・カナダ人の法的保護を促進する “という栄誉に感謝の意を表した。

“オガーは党派を超えて同盟を結び、性自認や性表現に基づく差別から個人を保護する州法と連邦法の改正を推進した。

「彼女の勇気、ビジョン、忍耐は、平等という根本的な問題を再定義するのに役立ち、多様なジェンダーを持つカナダ人のための包括性を前進させた。

オガーは2018年に同賞に選ばれており、なぜ受賞まで5年もかかったのかについては不明のままだ。

「本当に、本当に、本当にうれしい。私たちは、メダルが頻繁にもたらされるような時代には生きていないし、平等をもたらすキャンペーンにはまだ多くの道のりがある」と、当時オガーは語っていた。

デイリー・メール紙によると、オガーは当時、「トランスジェンダー女性の保護を拒否したため、バンクーバー・レイプ・リリーフから市の資金を剥奪する取り組みの先頭に立っていた」

バンクーバー市議会は2019年3月、1974年に始まったカナダで最も古いシェルターが方針を変えない限り、2020年から年間3万4000カナダドルの助成金を取り上げた。

シェルターは、助成金を剥奪されたことは「インクルージョンという名の女性差別」であり、市は「私たちの立場を変えるよう強要しようとしている」と非難した。

バンクーバー・レイプ・リリーフは、シェルターで保護されている女性たちは、男性パートナーから虐待を受けた後、『生まれつき女性でない』人の周りでは安心できないと主張した。

クリスティン・ボイル議員は当時、「トランス女性は女性であり、セックスワークは仕事である。トランス女性とセックスワーカーはケアと保護に値する」と主張した。

「彼女たちを排除する団体を支援することはできないので、バンクーバー・レイプ・リリーフへの市の資金援助は支持しない」とボイル議員は述べた。

サラ・カービー・ヨン議員も同意見だ。

「彼らは素晴らしい活動をしており、貴重なサービスです。公的資金を提供するのであれば、包括的な組織に提供する必要があります。特にトラウマを抱えている人を拒絶するようなコミュニティには住みたくありません。」

引用元:Breitbart

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00