Home 社会気候・環境問題 アル・ゴア、WEFの「ネット・ゼロ」アジェンダに失敗した場合の影響について警告

アル・ゴア、WEFの「ネット・ゼロ」アジェンダに失敗した場合の影響について警告

by Jack World News

“エコ戦士 “アル・ゴアは、人類が世界経済フォーラム(WEF)の気候変動目標「ネット・ゼロ」に従わなかった場合、地球に何が起こるかについて一般市民に警告を発した。

民主党の元副大統領は、選挙で選ばれたわけでもない外国人グローバリストや企業エリートたちのグリーン・アジェンダに跪くことを国民が拒否した場合、世界はどうなるかについて、恐怖を煽る声明の中で黙示録的な予測を行った。

ゴアの最新の悲惨な脅しによれば、もし国民がいわゆる「気候危機」から「地球を救う」ことに失敗すれば、「10億人」の気候難民が国境を越えることになるという。

これはアフリカ大陸の数十カ国の3人に2人に相当する。

しかし、ゴアとグローバリストの仲間たちには解決策がある。

税金を払っている有権者は、「人為的な温室効果ガス汚染」を終わらせることで「地球温暖化」を食い止めるために、「真のネット・ゼロにとどまらなければならない」とゴアは主張する。

ゴア氏はCNNに出演した際、こう予測した。

「私たちにはまだ運命をコントロールする力がある。」

「もし我々が上空に温室効果ガス汚染物質を増やすのを止め、彼らが言うところの真のネット・ゼロに到達し、上空に熱を閉じ込める能力を増やすのを止めれば、気温はすぐに上昇しなくなるだろう。」

「そして、真のネット・ゼロにとどまるなら、人為的な温室効果ガス汚染の半分は、わずか25年から30年で大気から消えるだろう。」

ゴアは、化石燃料の使用を止め、「太陽光発電と風力発電」に置き換えることが、”地球温暖化 “に取り組むことにつながると主張している。

「このプロセスをコントロールしようとしてきた化石燃料汚染大企業の貪欲さと政治力に打ち勝てば、これは可能だ」とゴアは主張する。

「化石燃料を克服し、再生可能エネルギーと効率への転換を加速させる決断をしなければならない。」

「これらの巨大災害、洪水、土砂崩れ、干ばつ、氷の融解、海面上昇、暴風雨の強まり、熱帯病、国境を越える気候変動移民の増加について警告した科学者たちは、まさに正しかった。」

「だから今、私たちはそれらにもっと注意を払う必要がある。」

しかし、ゴア氏はこれらの主張を裏付ける根拠を示さなかった。

また、”警告を発した科学者 “を特定したり、彼らの主張する研究について裏付けとなる情報を提供したりもしなかった。

正体不明の “科学者 “を引き合いに出しながら、ゴア氏はこう主張した。

「もし我々が行動を起こさなければ、今後数十年の間に10億人もの気候難民が国境を越えることになるだろう。」

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00