Home エンタメ芸能 イーロン・マスク、大晦日コンサートでの反MAGA歌詞でグリーン・デイを酷評

イーロン・マスク、大晦日コンサートでの反MAGA歌詞でグリーン・デイを酷評

by Jack World News

イーロン・マスクは、偽のパンク・ロック・バンドの大晦日のコンサート中に、恥知らずにも民主党政権をシリングしたグリーン・デイを非難した。

バンドのパフォーマンス中、憎悪に満ちた “覚醒した “シンガー、ビリー・ジョー・アームストロングは、ドナルド・トランプ大統領とその支持者を攻撃するために彼らの曲の歌詞を変えた。

日曜日の夜、バンドの2004年のヒット曲 “American Idiot “を演奏しながら、”I’m not a part of the redneck agenda “というオリジナルの歌詞の代わりに、アームストロングは “I’m not a part of the MAGA agenda “と歌った。

しかし、この動きは、いわゆる「反体制」バンドの歌詞が、民主党のジョー・バイデン大統領の反トランプの話法に危険なほど近く聞こえるとして、嘲笑が広がった。

マスクは、バンドの政治的な歌詞に対する彼の見解で瞬く間に拡散した。

「グリーン・デイは、RATM(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、別のバンド名)から、”ミルクトーストのように”何かへの怒りに変わった」と、マスクは日曜日の夕方、Xの投稿で共有した。

億万長者の起業家はまた、笑って泣いている絵文字を2つ付け加えた。

彼は、Not the Beeがグリーン・デイを嘲笑した記事にも反応している。

このパフォーマンスは、ABCで放映された『Dick Clark’s New Year’s Rockin’ Eve』の一部として行われた。

「アメリカン・イディオット」は政治的主張として作られた。

ジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)とその結果引き起こされたイラク戦争に対する抗議として、9.11テロ事件後に発表された。

アームストロングは長年にわたり、ドナルド・トランプ大統領を率直に批判してきた。

2018年には、「ドナルド・トランプなんて大嫌いだ」、「ジョージ・ブッシュなんて大嫌いだ」と叫んでいたものだ。

「これは少し違う。」

“これはヤバい、まるで酸欠だ。

“LSDとアメリカ右翼のファッキン”

2016年、バンドは “No Trump, no KKK, no fascist USA “というスローガンを流行らせた(Business Insiderより)。

マスクは近年、バイデンや左派の政策により批判的だ。

彼はまた、バイデンがクリプト・キーパー役のオーディションを受けるのにメイクアップも特殊効果も必要ない、と表現した。

「彼が副大統領だった頃、サンフランシスコで彼と昼食に行ったが、そこで彼は1時間もダラダラと話し続け、地獄のように退屈だった。紐を引っ張ると、同じ心にもないフレーズを何度も言う人形のようだった」と、マスクは伝記作家のウォルター・アイザックソンに語っている。

引用元:Slay News

You may also like

【あなたの知らないアメリカニュース】は、日米の大手メディア報道では知ることのできない、本当のアメリカの姿をいち早く日本語で伝える独立系メディアウェブサイトです。有料メンバー登録をすると更に深掘りしたニュースを「読む・聴く・観る」ことができます。

2024 JACKTEAM LLC – All Rights Reserved.

Are you sure want to unlock this post?
Unlock left : 0
Are you sure want to cancel subscription?
-
00:00
00:00
Update Required Flash plugin
-
00:00
00:00